シングルマザーの生命保険

シングルマザーの死亡保障の考え方。

 シングルマザーの場合、もし自分にもしものことがあれば、誰がその子を育てることになるのか考えなければなりません。子ども父が不倫相手で家庭がある場合は父に預けるのは困難であるため、多くの場合は祖父母に面倒をみてもらうことになるでしょう。祖父母に経済力があればいいですが、老後の生活費のこともありますし、体力的な問題からなかなか子どもを育てていくのは難しくなります。

 やはり、シングルマザーの万一の場合の備えが必要となります。

 おすすめは、子どもが独立するまでの期間だけ、高額な保障(養育費+学費を目安に)を確保できる定期保険がいいでしょう。掛け捨てのものにすればさらに保険料をお安くすることができます。


・シングルマザーの医療保険の考え方。

 シングルマザーの場合、もし病気やケガで入院した場合、パートの方はもろ収入に影響があります。役所によっては、母子家庭の医療費が一部免除になったりするところもありますが、それでも出費は避けられません。

 やはりシングルマザーの場合でも、医療費の備えが必要となります。

 医療保険やがん保険等である程度備えておくことをおすすめします。また、少しだけ余裕があるのなら子どもにも医療保険を掛けてあげてください。なぜなら、子どもが入院した場合も、仕事を休まざるを得ないこともあり、そのときの収入保障としての役割があるからです。乳幼児は役所による医療費の支援があるからといって安心してはいけません。

 生命保険に関するコンサルティング・お見積は無料です。是非ご相談ください。

行政書士 中田ただあき事務所
大阪府豊中市本町5丁目13番34号303号室

0648654808
info@nakadach.com

TOP